債務整理のおすすめkizuna情報‐多重債務者の救済策とは?

債務整理のおすすめkizuna情報‐多重債務者の救済策とは?

債務整理のおすすめは覚悟を決めて、自分で道を選ぶのが一番です。

 

 

人生において、「お金」は大事な要素の一つであり、だからこそ悩まれる方も多いのではないでしょうか?既に多額の借入をしている方は返済のことで頭がいっぱいになっているかもしれません。かくいう私もその一人でした。

 

 

 

だからといって、決して自殺やヤミ金からの借入だけはしないでください。

 

 

 

自力完済に向け、有効な解決法がないかをお考えの方は必見!是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

年収ギリギリまたは年収以上の借入をしてしまっている方は、自力完済はかなり困難ではありますが、決して不可能ではありません。多重債務者となっている方は、以下のように、おまとめローンで楽にする方法を検討してみてください。

 

 

 

 

・おまとめローンを使う!

 

 

 

 

おまとめローンは複数の借金を一まとめにし、支払利息を軽減できる金融商品です。

 

 

破産宣告

 

 

こうした破産宣告に関しても知識を付けておくと良いと思います。

 

 

しかし、おまとめローンは既に多重債務となっている方にお金を貸し出すわけですから、審査の敷居が高いことが多いです。闇雲に審査を受けても落ちてしまいます。まずは借りるためにはどうすればいいか、その手順を紹介します。

 

 

 

 

1.借入の件数をまずは減らす

 

 

 

 

各金融機関で借りている金額はそれぞれ違うはずです。まずは「少額」の借入先を早くなくすことです。よくネットでは利息が高いものから返すべき、ということが書かれていますが、多重債務者にとっては必ずしも有効な策とは言えません。

 

 

 

 

なぜなら金融機関では審査の際に借入の件数を重要視しているからです。

 

 

 

意外と思われるかもしれませんが、借入1件のみ300万円の人よりも借入5件(各100万、50万、50万、30万、40万、計270万)の人の方が属性が悪いと判断される確率が高いのです。

 

 

 

 

なぜかと言えば、1件から300万円もの枠を与えられた方はその人の信用が高いから高く買ってくれたわけです。後者の人は、各金融機関からの評価がそれほど高くないから小口融資が中心となってしまったわけですね。

 

 

 

 

一般論を言いますと、借入先が3?5件以上ある方は、おまとめローンの審査通過はまず難しいと考えたほうがいいです。

 

 

 

 

したがって、小口融資をまずは完済して借入先を減らすことに専念しましょう。完済の実績は、十分な信用の一つとなるので審査にプラスの結果をらもたらすこともしばしばあるのです。

 

 

 

2.小口融資完済のための資金作り

 

 

 

 

親をあてにできる方は頭を下げてでも借りた方がいいです。そうすれば、個人信用情報上はあなたの借入先が増えることは決してありません。よく審査の際には自分の家族の情報も見られてしまうのでは?と心配される方がいますが、決してそんなことはありません。

 

 

金融機関も無闇に個人信用情報を閲覧することは固く禁じられており、申込されたお客様の個人信用情報しか閲覧できないようになっているからです。

 

 

 

 

 

 

親を頼りに出来ない方(私もそうでした)は少しでも支出を減らすか、売れるものは売り払ってお金を作る必要があります。それに加え、収入を増やすことも考えなければなりません。

 

 

 

 

残業代でたっぷり稼いでくるのも一つの方法ですが、昨今では残業削減傾向の会社が多いので、人によっては難しいと思います。

 

 

 

 

そのため、副業や土日の日雇いバイトに精を出すことをおすすめします。今やクラウドソーシング等の方法で頑張れば月に数万円稼ぐことも可能になりました。

 

 

 

 

自分の得意分野でしっかりとお金を稼いで早めに繰上返済に回しましょう。

 

 

 

3.キャンペーン中が狙い目

 

 

 

 

 

借入先を順調に減らしたら、いよいよおまとめローンの申込です。審査の厳しさはそれぞれ違いますが、一つだけ共通することがあります。

 

 

 

 

それは、「キャンペーン中は審査が甘くなる!」ということです。

 

 

 

 

不況が続くなか、多くの会社がお金を借りることに対して消極的になりつつあります。

 

 

 

 

 

また、マイナス金利の導入で銀行の経営そのものが苦しくなっています。そのため多くの銀行では、個人ローンの融資に力を入れているのです。多くの人にお金を貸したいがゆえにキャンペーンを打つのです。

 

 

 

 

この時期は審査基準を緩くして多くの人を顧客に取り入れたいと考えています。

 

 

 

 

 

ネットのバナーや公式ホームページで「キャンペーン中」といった文字を見たらチャンスと思って申込をしてみてください。絶対的に借りられるわけではないですが、可能性がぐっと高くなります。

 

 

 

 

4.カードローンよりフリーローンを

 

 

おまとめのためにカードローンを使うこともあれば、フリーローンを使うこともあると思います。

 

 

 

 

両者の違いは、カードローンが借入限度額内であればいつでも借入・返済できるのに対し、フリーローンのような、いわゆる「証書貸付」タイプのものは、借入後は返済のみとなります。

 

 

 

 

本気で借金を減らしたいのであれば、新たな借入ができないフリーローンを選んだ方が賢明です。フリーローンの方が金利が低いことが多いのも魅力の一つです。

 

 

 

 

ただ、カードローンとは違って、繰上返済に手数料がかかるものが多いので、ある程度の金額がたまってから行った方がいいですね。

 

 

 

 

・ギャンブル、投資で一攫千金は困難

 

 

 

 

早く返したいために、パチンコやFXなどで一攫千金を狙うのも方法の一つとして考えられるものの、ほぼ無理だと思ってください。

 

 

 

 

 

確かに海外のFX口座(XM等)を使えば一晩で100万円を稼ぎ出すことも可能です。

 

 

 

しかし、余裕がない状態では冷静な判断ができないことが多々あります。運に頼ってハイレバレッジで勝負すれば、多額のお金を更に失いかねません。

 

 

 

 

プロでさえ何度も負けるのが当たり前の世界なのです。投資をしている人ならイングランド銀行を潰した男、ジョージ・ソロスの名前を聞いたことがあると思います。

 

 

 

かのソロスですら、90年代のロシア経済危機のときには多額の損失を被ったのです。

 

 

 

 

 

こういったものは、余裕のあるときにやるべきです。まずは控えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?おまとめローンを有効に使って地道に借金を減らしていく方法を紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

借金返済は長い道のりです。しかし、決して諦めてはいけません。

 

 

 

 

胃がキリキリすることが何度もあるとは思いますが、完済したら必ずや大きな自信に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがそれだけの額を借りられたのは、それ相応の信用があったからです。そのことを誇りに持って是非頑張って壁を突破しましょう!

 

 

 

借金返済の仕事人-お金が返せない時の解決の方法とコツ一覧

 

 

 

借金返済のコツはすごく簡単で、知識を付けて行動力を付けていくこと。

 

 

行動力がないといつまで経過しても現状に満足をしてしまい、借金返済どころではなくなってしまうからだ。

 

 

 

借金返済をする為にはルールと最適化。後は納期を守る仕事術が大切だと思いますね。