国内格安航空券をネットで購入して利用した経験

JALとスカイマークを利用

国内出張で格安航空券を探して予約 | JALとスカイマークを利用 | 早めに予約した方が割引幅が大きい

飛行機を利用する場合には航空券の半券と領収書を提出しなければならないので、手続きがかなり面倒です。
移動時間を節約するために飛行機を利用する場合でも、旅費精算の手間を省くために新幹線代を請求するようにしています。
飛行機の正規運賃は新幹線よりも高いので、普通にチケットを購入すると自分で余分に負担しなければなりません。
新幹線利用で出張旅費を申請する場合には、新幹線の切符よりも安い金額の飛行機のチケットを購入する必要があります。
出張旅費の請求する手続きの関係から、個人的な旅行以外に仕事の出張の時も飛行機の格安チケットを利用しています。
福岡出張の時は新幹線の半額ほどの料金で飛行機のチケットが購入できたので、差額分を利用していつもよりも少しグレードの高いホテルに宿泊をすることができました。
JALはICチップが埋め込まれたマイレージバンクカードを持っていたので、ネットでチケットの購入とチェックインを済ませてから空港でカードをタッチするだけで簡単に搭乗ができました。
スカイマーク便の方は、この時に初めて利用しました。
スカイマークもJALと同じようにオンライン上で予約をして、クレジットカードで料金を支払いました。
クレジットカード払いを利用すると航空券が発行されず、支払いに利用したクレジットカードを空港に置いてあった機械に入れたらチケットが発行されて出てきました。